バスケットボール(バスケ)上達のコツ

バスケットボール(バスケ)上達のコツ

バスケットボール上達DVDのご紹介


指導者の方にも選手の方にもぜひ見ていただきたいDVDです。

 

バスケットボールの練習方法・トレーニング法を紹介しています。
日本各地のトップ指導者が実践してきた不可能を可能にする練習法です。

 

通常は決して表に出ないノウハウの全てをここに紹介しています。
あらゆるレベルに対応出来るバスケットボールDVDですので、この機会にぜひご覧頂きたいです。

 

 

<DVDタイトル紹介>
・試合で活きるファンダメンタル! 〜シュート・ドリブル・リバウンド〜
 (福岡大学付属大濠高等学校 バスケットボール部)

 

・“バスケットボール”待望の戦術シリーズ!! 『戦術で勝つ!! トランジッションで勝つ!!』
 (慶應義塾大学 男子バスケットボール部)

 

・〜金沢総合高校 星澤純一監督によるコーチング理論〜 【解説編&実践編】
 (神奈川県立金沢総合高等学校 女子バスケットボール部)

 

・小さいチームが「高さ」に勝つ! 機動力を活かしたバスケットボールドリル
 (弘前市立津軽中学校 男女バスケットボール部)

 

・GYMRATS アメリカ式 ベスト プラクティス 〜個人スキルを向上させ、チームを勝利へ導く基本練習〜
 (岡田 卓也<GYMRATS代表>)

 

などなど全30タイトル前後あります。

詳しい内容はこちらを

 

 

《バスケットボール(バスケ)上達のコツ》

 

■学校スポーツの上達を目指して


・このページでご紹介するバスケットボールのDVDですが、主として学校スポーツでの練習法・指導法を動画としてまとめたものです。

 

 

・動画に出演しているのは、すべて、日本全国各地に実在する、バスケットボール界では名の知れた中学校、高校、大学、社会人の生徒・指導者の方々です。

 

 

・DVDを制作・販売しているのはティアンドエイチ株式会社というところで、創業の1979年以来35年以上にわたって学校スポーツの発展に寄与してきた会社です。

 

 

・実際、この会社のスポーツDVDは、学校の部活指導者、生徒・学生の皆さんが主な購買者です。ややもすると、年数の経過とともに、自己流の指導法・練習法に陥りがちなものですが、このようなスポーツDVDは、第3者の視点から改めてバスケットボールを見つめ直すきっかけになると、多くの購買者から喜びの声が届いているのです。

 

 

・この機会に、皆さんも、新たな視点でバスケットボールに取り組んでみてはいかがでしょう。指導者の方にとっても、日々練習に励む生徒さん・学生さんにとっても、繰り返し視聴することで新たな視界が開けることは間違いないと思います。

詳しい内容はこちらを

 

 

《バスケットボール(バスケ)上達のコツ》

 

 

■バスケットボール指導者の皆さんへ


・学校現場における部活の指導者には、実に多彩な経歴の方がいらっしゃいます。実際にバスケットボールの選手であった方、バスケットボールは好きだけど自分でプレーしたことのない方、プレーどころか試合を見たこともない方・・・などなど実にさまさまです。

 

 

・このページでご紹介するDVDは、実は、どのようなレベルの指導者の方にもこれまでお役に立ってきた実績があります。

 

 

・たとえば、全国大会出場の寸前まできながら、なかなかその先に進めないでいる学校があります。このような学校の指導者の方がこのDVDを見ることで、最後の詰めの一歩として何が欠けていたのか発見する実例は数多くあるのです。ご自分に選手時代の体験(成功体験)があるからこそ、逆に見落としている部分があって、それを発見される方が多いです。

 

 

・また、ほとんど実技経験のない指導者の方の場合、ある意味、バスケットボールに対して白紙の状態で望める利点があります。そういう方の多くは、まさにDVDにある指導法をそっくりそのまま実践されるケースが多く、驚くような好結果を生むことは決して珍しくありません。指導者の虚心坦懐さがもたらす成果ともいえます。

 

 

・DVDの中で実演している方々は、すべて実績を残している学校関係者ばかりです。迷いなく、全幅の信頼を寄せて視聴していただきたいと思います。

詳しい内容はこちらを

 

 

《バスケットボール(バスケ)上達のコツ》

 

■生徒さん・学生さん・選手の皆さんへ


・バスケットボールとは種目が違いますが、ソチオリンピックのスノーボード・ハーフパイプで銀メダルをとった平野選手、同じく銅メダルの平岡選手に関しては、テレビで様々なエピソード等を紹介していましたね。それによると、この二人には驚くべき共通点がありました。

 

 

・二人は、ハーフパイプの難解な技を習得するのに、誰か特定のコーチから指導を受けていなかったそうです。平野選手はハーフパイプの絶対王者ショーン・ホワイト選手のビデオ映像を繰り返し見て、頭の中にイメージを焼き付けたそうです。平岡選手も、有名選手の華麗なビデオ映像を繰り返し見て、暇さえあれば、手製の人形で技を確認していたそうです。

 

 

・要するに、自分の頭の中に、理想とする体の動きをいかに焼き付けることができるか・・・というイメージトレニングの重要性がここにあります。さらに言えることは、上手くなりたいという気持ちさえあれば、DVD映像を繰り返し視聴することで、たった一人でも上達することが可能だということです。

 

 

・皆さんが所属する部活とかクラブのメンバーには、当然、レギュラーを競うライバルがいるでしょう。あるいは、もっとレベルが上の方の場合、チームのエースを目指すライバルがいるでしょう。競争に勝ち抜くためには、他人の目の届かないところで一心に努力するしかありません。人間の体を動かすのは<脳>の指令によります。あなたの<脳>の中に理想とすべき絶対的な映像を刻みつけてください。体の動きは後からついてきますから。

 

 

・ご紹介するDVDは、間違いなく、あなたの強い味方になりますよ。

詳しい内容はこちらを

 

 

《バスケットボール(バスケ)上達のコツ》

 

<このページの管理者>

・フリーライターのカリナです。

・スポーツ関連の記事を担当しています。

・私の記事が皆さんの参考になれば幸いです。